想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

食育活動など支援 助成対象事業を募集 キユーピーみらいたまご財団2020年10月27日

一覧へ

キユーピーみらいたまご財団は、2021年4月からの「食育活動」と、子ども食堂などの「食を通した居場所づくり支援」に対して総額3500万円の助成支援を行う。11月2日から11月30日まで、2021年度の助成事業を募集する。

食育活動など支援 助成対象事業を募集 キユーピーみらいたまご財団キユーピーは、「食」に関わる社会課題の解決に貢献するため、2017年4月にキユーピーみらいたまご財団を設立。食育活動や子どもの貧困対策などに取り組む団体への寄付を中心とした活動を行っている。

今回新たに、助成対象としてプログラムA「食育活動支援」で、産後ケア(出産後1年を経過しない女子と乳児の心身の状態に応じた保健指導、療養に伴う世話または育児に関する指導、その他の援助)に関わる食育事業も対象とする。これは、2019年末に「母子保健法の一部を改正する法律」に「産後ケア事業」の義務化が追記されたことなどを受けたもの。

助成事業の募集期間は、11月2日から11月30日まで。選考結果の発表は2021年3月初旬を予定。

また、今回の助成支援募集の助成決定団体の中で、申請書内で、3密などの感染拡大防止に配慮しながら、創意工夫に富んだ、ユニークな食育活動、居場所づくり活動を申請された団体に別途「感染予防対策特別賞」を贈呈する。

応募要項は10月23日、キユーピーみらいたまご財団のホームページに掲載。申請受付は11月2日から。

【申請サイト:キユーピーみらいたまご財団ホームページ】

最新の記事

ケツト科学研究所:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る