想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

全国から約50校の農業高校が参加「全国農業高校収穫祭2020」開催2020年10月28日

一覧へ

大丸東京店は、全国から約50校の農業高校が参加する「全国農業高校収穫祭2020」を11月7日、8日に開催する。農業高校生が作った農作物や加工品などの生徒による直接販売や、EC販売、学校紹介のパネル展示など、様々な参加形式で開催する。

昨年の会場の様子昨年の会場の様子

「全国農業高校収穫祭」は、大丸東京店が2013年から毎年11月に開催してきた全国の農業高校の生徒によるイベントで、今年で12回目。「農」や「食」を学ぶ全国農業高等学校長協会加盟校の高校生が作った農作物や加工品などを生徒自らが販売することを通じて、生徒の学習や将来の就農への意欲を高めるとともに、農業高校の生徒の活動を百貨店の来店客に伝える。

今回は9校が即売会に参加するほか、初めてEC販売を3校が実施。このほか、約40校が学校紹介パネル展示を行う。

「全国農業高校収穫祭2020」即売会に参加する愛知県立安城農林高等学校の生徒は「私たちは、毎年この収穫祭を楽しみにしている。それは、一生懸命に手がけた農産物や加工品をお客様に買ってもらった後にいただく『一言』に励まされるから。栽培や加工技術の習得は学校でもできるが、その成果を発表できる場所はここしかありません。『今年も来たよ』笑顔で言ってもらえるようがんばって販売します」と意気込んでいる。

会場は、大丸東京店12階レストラン。即売会は、11月7日は11時~16時、11月8日は10時30分~14時。

参加予定校

◆即売会参加校:岩手県立一関第二高等学校、宮城県伊具高等学校、茨城県立真壁高等学校、東京都立三宅高等学校、東京都立大島高等学校、愛知県立安城農林高等学校、愛知県立半田農業高等学校、京都府立須知高等学校、広島県立世羅高等学校

◆EC販売参加校:山形県立置賜農業高等学校、群馬県立利根実業高等学校、和歌山県立南部高等学校

◆パネル展示参加校:北海道岩見沢農業高等学校 、青森県立五所川原農林高等学校、秋田県立大曲農業高等学校、福島県立相馬農業高等学校、石川県立翠星高等学校、群馬県立大泉高等学校、栃木県立鹿沼南高等学校、神奈川県立平塚農商高等学校、東京都立農業高等学校、愛知県立渥美農業高等学校、岐阜県立岐阜農林高等学校、兵庫県立農業高等学校、兵庫県立篠山産業高等学校、広島県立西条農業高等学校、鳥取県立倉吉農業高等学校、島根県立出雲農林高等学校、福岡県立福岡農業高等学校、佐賀県立伊万里実業高等学校、熊本県立菊池農業高等学校、宮崎県立日南振徳高等学校 ほか

最新の記事

ケツト科学研究所:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る