想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
Z-GIS:ヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

31日間で90万食を世界の子どもたちへ 「おにぎりアクション2020」2020年11月4日

一覧へ

日本発で世界の食料問題の解決に取り組む、TABLE FOR TWO International(TFT)は、10月16日の「世界食料デー」を記念し、「おにぎりアクション2020」を10月の1か月間にわたって開催。キャンペーン期間中に合計20万2143枚、1日あたり約6500枚のおにぎりの写真が投稿されたことで、合計90万食分の給食をアフリカ・アジアの子どもたちに届ける。

31日間で90万食を世界の子どもたちへ 「おにぎりアクション2020」

同アクションは、日本のソウルフード「おにぎり」をシンボルに、おにぎりにまつわる写真に #OnigiriAction を付けてSNSまたは特設サイトに投稿すると、協賛企業が寄付し、TFTを通じてアフリカ・アジアの子どもたちに給食5食が届く企画。2015年から毎年秋に開催し、2020年までの累計で約100万枚のおにぎり写真が集まり、約540万食の給食を届けている。今年は、コロナ禍の中、例年以上に日本だけでなく海外からも投稿が寄せられた。

同アクションには、日産セレナをはじめ、オイシックス・ラ・大地、Mizkan、ベネッセコーポレーション、旭化成ホームプロダクツ、伊藤園、福井県、福井県あわら市、象印マホービンなど国内19社の他、アメリカに拠点を置く企業23社が、賛同し、協賛、または寄付つき商品を販売、商品・サービスを提供した。

また、特設サイトやSNSを通じて、誰でも、どこからでも参加できるため、人と気軽に会うことが難しいコロナ禍でも、参加者がオンライン上で「つながる」ことができる企画を呼びかけた。

最新の記事

国際衛生SP:パナミエール

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る