Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:ゴーゴーサン
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「茶殻リサイクルシステム」が「ソーシャルプロダクツ賞」受賞 伊藤園2021年2月15日

一覧へ

伊藤園は、ソーシャルプロダクツ普及推進協会が主催する、持続可能な社会を実現をめざすソーシャルプロダクツ・アワード2021で、「ソーシャルプロダクツ賞」を受賞した。

「茶殻リサイクルシステム」が「ソーシャルプロダクツ賞」受賞 伊藤園

同社は、「お~いお茶」などの茶系飲料の製造過程で排出される"茶殻"を、工業製品の原材料に一部使用する独自技術「茶殻リサイクルシステム」を2001年に確立。従来、茶殻は堆肥や飼料としてリサイクルしていたが、茶殻に含まれる様々な機能性を生かした、付加価値のある代替原料として活用の幅を広げ、これまでに約100種類もの茶殻を配合したアップサイクル製品を開発している。

ソーシャルプロダクツは、「エコ(環境配慮)」や「オーガニック」、「フェアトレード」、「寄付つき」、「地域や伝統に根差したもの」など、人や地球にやさしい商品・サービスの総称で、購入者が持続可能な社会づくりに関する行動や団体とつながることができる。同アワードは、ソーシャルプロダクツの普及・推進を通して、持続可能な社会を実現することを目的とした、日本で初めてのソーシャルプロダクツを表彰する制度。

伊藤園は、「茶畑から茶殻まで」の一貫したバリューチェーンを活かしたビジネスモデルで、環境面や社会面で価値が生まれることを強みに、「茶殻リサイクルシステム」を通じて、社会と課題解決に取り組んでいく。

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る