Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
SP:右上長方形 アリスタライフサイエンス(株)トクチオン乳剤
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

ゴールデンウィーク「自宅で過ごす」が8割 コロナ前の1.4倍に増加2021年4月14日

一覧へ

オーダーメイドの旅を提供する(株)旅工房は、「コロナ禍のゴールデンウィークの過ごし方や旅行に関するアンケート」をWEBアンケート方式で実施。「自宅で過ごす」は約8割で大型連休でも外出は控える傾向が明らかになった。調査は4月5日~6日、全国の20代以上の男女600人にWEBアンケート方式で実施。

ゴールデンウィーク「自宅で過ごす」が8割

調査によると、新型コロナウイルスの影響により、GWの過ごし方や考え方が変わった方が64.5%。今年のGWは自宅で過ごす人が約8割で、新型コロナ前との比較でも、「旅行(日帰り・宿泊)」や「帰省」が減少し、「自宅」が大幅に増加した。新型コロナ前と同様に、約7割が家族と過ごすも、密を避けてか「友人と過ごす」が減少し「一人で過ごす」が増加した。

新型コロナ前の2019年と新型コロナ感染拡大後の2020年と2021年で、GWの過ごし方や考え方について変わったかどうかについて聞いたところ、「変わった」が42.0%、「少し変わった」が22.5%。「変わった」と「少し変わった」を含めると64.5%となった。

また、新型コロナ前のGWの過ごし方について聞いたところ、「自宅」が最も多く63.2%。次いで「近場(公園や買い物・外食など)」が32.8%という結果に。新型コロナ感染拡大後についても同様の質問をしたところ、「自宅」が最も多く79.2%。次いで「近場(公園や買い物・外食など)」が33.7%と、新型コロナ前も新型コロナ感染拡大後も、自宅や近場で過ごすという回答が多くを占めている。

GWの過ごし方について、新型コロナ前と新型コロナ感染拡大後を比較したところ、「自宅」が24.9ポイント増、「近場(公園や買い物・外食など)」が4.7ポイント増となり、自宅で過ごす人が1.4倍に増加。一方、外出する人は大きく減少し、「日帰り旅行」は16.5ポイント減、「国内旅行(宿泊)」は9.4ポイント減、「帰省」は6.4ポイント減となった。

この他、GWを誰と過ごすかの質問には、新型コロナ前と新型コロナ感染拡大後のいずれも「家族」が約7割。新型コロナ前と新型コロナ感染拡大後の比較では、「一人」が6.1ポイント増加し、「友人」が4.4ポイント減少した。

また、「新型コロナがなければGWに旅行(宿泊)に行きたいと思いますか?」という質問には、「思う」が34.4%、「少し思う」が21.5%と、旅行に行きたい意向を持つ人が55.9%と半数を超える結果となった。

最新の記事

ナガセサンバイオSP 2021

DiSC:SP

原発処理水海洋放出

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る