生産緑地特集
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMC(SP)トップバナー
ベリマークSC:FMC(PC)センター
JA全中中央SP

北海道・芽室町で自社初醸造 畑ごとのワイン発売 めむろワイナリー2021年4月27日

一覧へ

北海道・芽室町のめむろワイナリー(株)は、2020年10月に酒類製造免許を取得し、自社ワイナリーで果実酒(ワイン)の醸造を開始した。

北海道・芽室町で自社初醸造 畑ごとのワイン発売 めむろワイナリー

今回リリースするワインは芽室町産ブドウを100%使って原料を3工程で選別し、高品質のブドウのみを使用。赤ワインは、受入れ・選別・仕込み・熟成、これら全ての工程をブドウのほ場ごとに行い、ブドウ生産者固有の「畑ごとのワイン」に仕上げた。

2019年に芽室町で収穫されたぶどう「山幸」と「清舞」を十勝ワインで醸造。昨年、数量限定でリリースし、即完売となった「大地の序章(山幸54%.清舞46%)」が長期樽熟成ワインとして仕上がった。約12か月間木樽で熟成し、ワインならではの豊かな樽香があるしっかりとしたボディの赤ワインとなった。

「山幸」4銘柄と「清舞」4銘柄の全8種の赤ワインは、同じブドウ品種・同じ町・同じ製造手法でありながら、それぞれの畑の個性が現れ、色調・アロマ・味わい全てに個性の違いが現れている。フランスの老舗樽メーカー、Seguin Moreau(セガン・モロー)社の新樽(フレンチオーク)で熟成した華やかな樽香も特徴。

また、単位収量が少ない希少な「清見」のロゼワインは、自社醸造ならではの逸品。芽室町産清見100%の「かなえる ロゼ」は、アロマティックでしっかりとした酸味を持ち、後味のよい軽やかなワインに仕上がった。

【プロジェクト】

最新の記事

シンジェンタライブラリー211112:SP

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る