Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA三井リース中央(1)PC
全農ビジネスサポート:センター上:SP

5、6月の花粉とは「特集!イネ科花粉症」公開 花粉症クエスト2021年5月7日

一覧へ

花粉症などの健康情報サイト「花粉症クエスト」は、「特集!イネ科花粉症」を公開。イネ科花粉症の対処に役立つ情報を提供している。

5、6月の花粉とは「特集!イネ科花粉症」公開 花粉症クエストスギやヒノキの花粉シーズンが終わっても、「鼻のグズグズや目のかゆみがなかなか治らない」という人は少なくない。5、6月はカモガヤ、オオアワガエリ、ネズミホソムギなどのイネ科雑草の花粉が原因で花粉アレルギーになることがある。花粉症治療の第一人者で日本医科大学大学院の大久保公裕教授は、田舎だけでなく緑地化計画が進む都会でも、イネ科花粉症や併発する花粉-食物アレルギーに悩む方が増えていると指摘する。

花粉症クエストが制作協力する「花粉症・鼻副鼻腔炎治療推進会チャンネル」では、大久保教授が、イネ科花粉症について動画でわかりやすく解説。また、埼玉大学大学院 王青躍研究室と共同で、イネ科花粉を中心に花粉飛散情報を提供する。KH3000と呼ばれる花粉自動計測器とダーラム法(スライドグラスに落下した花粉を染色し、顕微鏡で計測する方法)の2つの手法で花粉飛散状況を都内でモニタリングし、ほぼ毎日、花粉飛散情報を配信。さらに、順天堂大学の伊藤潤先生によるイネ科花粉症に関連するコラムを提供している。

【花粉症クエスト】

最新の記事

愛知製鋼右上:SP

JA人事

DiSC:SP

農協時論

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA全農・部長インタビュー:2021年度事業計画

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る