Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

ご近所さんとの共同出品を応援「ご近所出品フェア」開始 食べチョク2021年5月12日

一覧へ

国内産直ECサイト「食べチョク」を運営する(株)ビビッドガーデンは、ご近所さんと共同で出品できる「ご近所出品」を後押しする「ご近所出品フェア」を開始。期間限定で、全商品200円を食べチョクが負担する。

ご近所さんとの共同出品を応援「ご近所出品フェア」開始 食べチョク

2020年7月にリリースした「ご近所出品」のサービスは、これまで別々で出品をしていた生産者のコラボが生まれたり、単独では出品をすることが難しい98歳の生産者が若手生産者と協力することで食べチョクでの出品が実現するなど成功事例が生まれている。同社は今回のフェアを通して、地域の生産者同士の連携をより強化し、一次産業のDX(デジタルトランスフォーメーション)の促進をめざしている。

「ご近所出品」は、品目を超えたコラボ商品が届くことが特徴。生産者から直接食材を届ける食べチョクの仕組み上、魚(漁師)とお米や野菜(農家)などは物理的に一緒に送ることができないが、「ご近所出品」を活用した商品は、海苔とご飯でおにぎりセットや、野菜ときのこのセットなど、様々な組み合わせの食材のセット購入が可能になる。また、複数の生産者の食材が、1箱にまとまって届くため、1箱分の送料で購入できる。問い合わせは「食べチョク」の以下サイトへ。

【問い合わせ:食べチョクに未登録の生産者】

【食べチョクに登録済みの生産者】

最新の記事

シンジェンタSP210720-

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る