Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA三井リース中央(1)PC
JA全中中央SP

地域のつくり手と消費者をつなぐ産地直送型通販「山形直送計画」オープン2021年5月14日

一覧へ

産直ECサイト「新潟直送計画」を運営する(株)クーネルワークは、山形産品のみを取り扱う産直ECサイト「山形直送計画」の運営を開始。専門スタッフによる取材情報を元に、各生産者・メーカーから直送で、食品・工芸品などの山形産品を販売する。

地域のつくり手と消費者をつなぐ産地直送型通販「山形直送計画」オープン

直送計画は、地域のつくり手と全国の消費者を繋ぐ産直ECプラットフォームとして、2011年に新潟で始まったサービス。ページ作成、商品撮影、お客様対応、代金回収、集荷配送管理業務など、通販運営に関わる面倒な事務作業を同社が代行することで、マンパワーの限られた小規模生産者やメーカーも、最低限の手間とコストでインターネット通販に取り組める。前例となる「新潟直送計画」は、2011年12月のサイト開設以降、順調に流通規模を拡大。5月時点でサイト掲載数は618店舗1265商品になった。

続く「山形直送計画」の開設にあたり、同社は2人のスタッフを採用し、現地にオフィスを開設。現時点で、約30店舗の生産者・メーカーと契約しており、3年以内に200店舗との出店契約とページ公開で年間流通額1億円以上の規模をめざす。

また、8月に新潟市内の大型商業施設内にリアルストアをオープンし、この店舗でも山形産品を取り扱う予定。「ネットとリアルの両軸」で山形産品の販路拡大に取り組む。将来的には、秋田、富山、石川など日本海側を中心に他県への展開を進め、各地域での連携・協力体制を構築しながら、各地の地産品をPRする。

【山形直送計画】

最新の記事

ナガセサンバイオSP 2021

JA人事

ヤンマーSP

農協時論

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA全農・部長インタビュー:2021年度事業計画

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る