Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
SP:右上長方形 アリスタライフサイエンス(株)トクチオン乳剤
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「デポー所沢」28日オープン 3日間限定でフェア開催 生活クラブ・埼玉2021年5月26日

一覧へ

生活クラブ生活協同組合・埼玉(埼玉県川口市)は5月28日、埼玉県内2店舗目の生活クラブ生協のお店「デポー所沢」をオープン。初日から3日間限定で、おトクなフェアを店頭で開催する。

「デポー所沢」外観イメージ「デポー所沢」外観イメージ

生活クラブ生協は、デポーで来場者と生産者、働く人たちが出会い、人と人とのつながりが生まれ、サステイナブルな暮らしを育む地域のステーションとなることをめざしている。

市場から仕入れた魚や青果の特売など、デポーならではの新鮮で安心な品物を実感できるオープニングイベントの3日間は、来場者への数量限定プレゼントも用意。先着300人に「お祝いたまご」と、先着200人で税込み2000円以上の購入でエコバッグをプレゼントする。

「デポー所沢」は生活クラブのオリジナル品を、その場で手にとって購入できる生活クラブ生協の店舗。鮮魚や地場野菜などの新鮮で安心安全、誰がどこで作ったかが明らかな食材が並ぶ。また、食材の容器もプラスチックを削減し、リユースびんを積極的に採用している。

デポーの運営は"ワーカーズ・コレクティブ"と呼ばれる、生活クラブの組合員らが主体となり共同経営を行なう独自のスタイル。雇い・雇われる関係ではなく、一人ひとりが経営者であり労働者として事業に関わる自律的な働き方を実践している。営業時間は10:30~19:00(水曜定休)。

「デポー所沢」内観イメージ「デポー所沢」内観イメージ

最新の記事

ナガセサンバイオSP 2021

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

農協時論

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA全農・部長インタビュー:2021年度事業計画

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る