Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

6月の「生活自由度」は54.3点 新型コロナに関する生活者調査 博報堂生活総研2021年6月21日

一覧へ

博報堂生活総合研究所は6月3日~7日、首都圏・名古屋圏・阪神圏の20〜69歳の男女1500人を対象に、新型コロナウイルスが流行している昨今の生活者意識や行動について、「新型コロナウイルスに関する生活者調査」を実施した。

コロナ影響下での生活自由度1

調査からは、6月の「生活自由度」は54.3点に微増し、緊急事態宣言が主要都道府県で続くなか、不安や行動の抑制はゆるんでいる実態が明らかになった。

調査が行われた期間は、全国的な感染拡大の中、5月上旬には全国市町村で高齢者ワクチン接種が始まるが、予約を巡り多くの混乱が生じ、5月下旬から自衛隊による大規模接種会場が東阪で開設。緊急事態宣言は、北海道、岡山、広島への適用が決まり、東京、愛知、大阪、京都、兵庫ほか既発出地域に沖縄も加え、10都道府県で5月31日の期限を6月20日まで再延長した。また、5月下旬には新規感染者数は連日低下傾向をみせるも、重症者数は高止まりで推移。変異株や人流増と五輪開催への懸念などが高まった。

コロナ影響下での生活自由度1

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る