Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

1日500検体の検査が可能「農大PCRセンター」開設 東京農業大学2021年6月21日

一覧へ

東京農業大学は6月21日、共同開発研究を締結する株式会社エアープランツ・バイオとの業務提携により、東京農業大学世田谷キャンパス内に1日に500検体の検査が可能な「農大PCRセンター」を開設。同大の学生、職員、卒業生ら関係者と地域の高齢者施設や団体などが利用できる。

エアープランツ・バイオは、国立感染症研究所マニュアルに準じたPCR検査実績を約3万を持ち、学内PCR検査施設として迅速に検査を実施。検体受付から約3時間で検査結果の判定し、陰性証明書を発行できる。また、陽性判定の場合、医師の紹介についても相談を受ける。

「農大PCRセンター」概要「農大PCRセンター」概要
(クリックで拡大)

◎「農大PCRセンター」概要

設置目的:学内にPCR検査体制を整備し、学内関係者の安全・安心を確保。感染者が判明した際の感染拡大を防ぐ対策を講ずる。

検査目的:渡航・出張・実習・入学者選抜・イベント開催前等の陰性証明検査、感染後の社会復帰前の検査及び感染者発生時の濃厚接触状況把握の検査。

検査実施機関:株式会社エアープランツ・バイオ

検体回収時間:1日2回(1)9:00(2)13:00

検査結果報告:検査実施当日(1)12:00頃(2)16:00頃

検査対象者:東京農業大学の学生・教職員の他、OB・OGなど関係者、地域の高齢者施設や団体など

【東京農大HP】

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る