Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:サンケイコテツベイト
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

約10億円の資金調達を完了 世界ブランド展開を推進 ネクストミーツ2021年6月22日

一覧へ

フードテックベンチャーのネクストミーツ株式会社は、4月末時点で約10億円の資金調達を完了。大手製薬会社、食品用生産設備設計会社などからの資金調達により、バイオテクノロジーとメカトロニクスの領域で研究開発を加速し、日本発の代替肉ブランドを世界で急速に展開する準備を整えた。

約10億円の資金調達を完了 世界ブランド展開を推進 ネクストミーツ

同社は、各社と連携することで研究体制を強化。代替肉の原料と製品のクオリティ向上とともに、生産効率やサプライチェーンの質を上げていく。新潟県長岡市にある研究室「NEXT Lab」には、世界から各分野の博士が集まり、バイオテクノロジーの分野で微生物や遺伝子の研究、メカトロニクスの分野では植物性タンパク質の物性変化やファクトリーオートメーションの研究を進めている。また、同時多発的に世界での展開を加速していくため、現在10か国にスタッフが常駐し生産体制を固めており、新たなマーケットである代替肉市場で、世界的プラットフォーマーをめざす。

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る