Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

東日本の150社で「沖縄県産パイン」サンプリング実施 JAおきなわ2021年7月30日

一覧へ

株式会社KOMPEITO(東京都渋谷区)が展開する「OFFICE DE YASAI (オフィスで野菜)」は、JAおきなわとの取り組みで、沖縄県産パイナップルのオフィスサンプリングを5月に実施した。

東日本の150社で「沖縄県産パイン」サンプリング実施 JAおきなわ

農産物の販促は、コロナ禍で販売促進の手段が制限され、百貨店や店頭の試食販売で消費者に実際に食べてもらう機会が作れなくなっている。そこで、「OFFICE DE YASAI」は、全国の地方自治体やJA 、JA全農と連携し、専用冷蔵庫や専用アプリ「YASAI PAY(ヤサイペイ)」で、地方の特産品の販売や、無料サンプリングを行う地方応援企画を月替りで実施している。

JA沖縄との取り組みでは、沖縄県産パイナップルのオフィスサンプリングを5月10日〜14日に、「オフィスでやさい」導入企業のうち東日本中心の150社で実施。カットパイン1000個の冷蔵サンプリングを行った。

JAおきなわ八重山地区パイン生産部会のメンバーJAおきなわ八重山地区パイン生産部会のメンバー

国産パイナップルは、ほぼ全てが沖縄で収穫されたもので、沖縄では本島北部地区と八重山地区が主な産地。輸入物とは異なり、畑で完熟したものを収穫するため、香りや甘さが格段に良く、甘酸っぱく味わい深いパイナップルになる。サンプリングでは、沖縄の大地で太陽の恵みを浴びた完熟パインを、一口サイズにカットしオフィスワーカーに届けた。同時に、独自の決済アプリ「YASAI PAY」でWEBアンケートを実施した。

JAおきなわの担当者は「東日本エリアに販促活動ができる新しい取り組みとして実施した。アンケート内容やサンプリングの属性分析から好評が多かった性別や年代のデータを今後のPRに生かしたい。また『甘くてびっくりした』などの声を多くいただき、この情勢の中で安心して試食宣伝ができた」とコメントしている。

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る