Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

デリカアドバイザー養成研修 187人を修了認定 日本惣菜協会2021年9月15日

一覧へ

(一社)日本惣菜協会は9月15日、「2021年度第1回デリカアドバイザー養成研修」の修了認定者を発表。9月10日の修了認定審査会で、187人を認定した。これにより、デリカアドバイザー修了認定者は、約304社、2730人となった。

2013年11月にスタートしたデリカアドバイザー養成研修は、惣菜売場のスタッフが惣菜を調理・販売する際の注意点、衛生や食品表示等の食品法令、バックヤード・厨房での作業工程等を通信教育で学ぶ研修。

惣菜・中食産業は、少子高齢化、単身者増加、女性の社会進出増加など、社会環境の変化を背景に、市場規模10兆円を超える大きな産業へと成長。惣菜は食生活に欠かせないものとなっており、売り場では、原材料や栄養素に関する素朴な質問や、健康や安全・安心に関わる事項等まで消費者からの質問に対応する必要がある。

また、6月からは、全ての食品等事業者に「HACCPに沿った衛生管理」が完全適用となり、惣菜専門店をはじめ、スーパーマーケット、百貨店のバックヤード等で製造される惣菜も同制度の適用対象となっている。同研修は、惣菜売り場で働く人が、基本的な知識を習得することで、店舗の信頼につながり、食品表示制度の一翼を担う重要な役割を果たす。

研修を採用している企業では、売場のリーダーがデリカアドバイザーの資格取得後、テキストを他のパートタイマー等への教育教材として利用し、共に働くスタッフに伝えていくことで、店舗全体の知識レベルの向上に活用。合格者からは「知識を身につけることで、自信を持って対応できるようになった」などの声がある。資格取得後はデリカアドバイザー認定証を店頭に掲示することが可能で、惣菜を購入する際の消費者の買い物サポーターとして、「信頼される売場」づくりを後押ししている。

次回のデリカアドバイザー養成研修受講の申込みは10月1日から11月末まで受け付けている。

◆デリカアドバイザー取得企業・団体と取得者数(10位まで・2021年9月10日現在)

▽1位 (株)関西スーパーマーケット<198人>
▽2位 中部フーズ(株)<180人>
▽3位 (株)イズミ<151人>
▽4位 (株)ベルク<101人>
▽5位 (株)さとう<89人>
▽6位 (株)ラルズ<87人>
▽7位 (株)平和堂<86人>
▽8位 ヤマサ醤油(株)<84人>
▽9位 (株)まつおか<80人>
▽10位 (株)デリカスイト<70人>

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る