石原バイオサイエンスヘッドSP:ネマトリンエース
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

CRISPR遺伝子編集市場 2031年に188億5660万米ドル規模到達見込み2022年1月17日

一覧へ

グローバルインフォメーションは1月12日、市場調査レポート「CRISPR遺伝子編集の世界市場 (2020-2031年):製品・用途・エンドユーザー・国別」(BIS Research Inc.)の販売を開始した。

ゲノム工学の発展とその応用は、ヘルスケア・ライフサイエンス産業の将来に顕著な影響を与えることが証明された。CRISPR-Cas9システムの高い効率性は、ゲノム編集のための様々な研究で実証されており、その結果、ゲノムエンジニアリングの分野で多額の投資が行われるようになった。多くの利点がある一方、限界もあり、臨床応用の前に検討する必要がある。さらに、多くの研究者がCRISPR遺伝子編集技術の限界を克服し、より良い結果を得るために取り組んでいる。CRISPR遺伝子編集によるヒトゲノムの改変や病状の改善の可能性はあるものの、倫理的・社会的な懸念も存在する。

CRISPR遺伝子編集の世界市場は、2020年に10億8860万米ドルに達した。2031年には188億5660万米ドル規模に達し、予測期間中に29.60%の年平均成長率(CAGR)を記録すると予想されている。

成長の背景には、食品業界における品質向上と栄養強化によるより良い製品への需要の高まりと、製薬業界における様々な疾患の標的治療への需要の高まりがある。さらに、業界の需要に応えるために医療企業が継続的に多額を投資していることや、所要時間の短い遺伝子治療法が注目されていることも、世界のCRISPR遺伝子編集市場の成長を促進する重要な要因となっている。

研究機関、製薬・バイオテクノロジー業界、研究機関は、特異性と費用対効果を高め、ターンアラウンドタイムとヒューマンエラーを減らすために、より効率的なゲノム編集技術を求めている。 さらに、ゲノム編集技術の進化により、産業、バイオテクノロジー、農業研究などの様々な分野での幅広い応用が模索されている。これらの先進的な手法は、シンプルかつ超効率的で、費用対効果が高く、多重化やハイスループットの機能を提供。世界的な高齢者人口の増加と、がん患者や遺伝性疾患の増加により、CRISPR遺伝子編集の需要が著しく高まることが予想される。

さらに、企業はCRISPR遺伝子編集製品や遺伝子治療法の研究開発に莫大な投資を行っており、近年、様々な遺伝性疾患や慢性疾患の臨床試験は増加傾向。今後、CRISPR遺伝子編集市場の成長を促進すると予想される。

市場の競合状況

世界的に精密医療の適用が急激に増加していることから、企業の間では新しいCRISPR遺伝子編集の開発に投資。Merck KGaAとThermo Fisher Scientific Inc.は、多様な製品ポートフォリオと強力な市場浸透により、この市場の先駆者で、主要な競合企業となっている。その他の主要な市場貢献者としては、Integrated DNA Technologies (IDT)、Genscript Biotech Corporation、Takara Bio Inc、Agilent Technologies, Inc.、New England Biolabs, Inc.などが挙げられる。

地域別の市場区分

地域別では、北米がCRISPR遺伝子編集市場で最大のシェアを占める。これは、バイオテクノロジー企業や製薬企業による多額の投資、医療インフラの整備、国民一人当たりの所得の増加、承認された治療法の早期利用、最先端の研究室や機関の利用などが理由。この他、アジア太平洋地域は、予測期間中に最も速いCAGRで成長すると予想される。

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

みどり戦略

注目のテーマ

注目のテーマ

全農人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る