おきなわ50年バナーPC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCトップSP:育苗箱混合剤
FMCセンターPC:ベネビア®OD
JA全中中央SP

山形県内4蔵元による「山川光男 2022 なつ」数量限定で販売2022年5月17日

一覧へ

楯の川酒造(山形県酒田市)は5月20日、山形県内の4つの蔵元が結成したユニット「山川光男」で、今年度に楯の川酒造が醸造する「山川光男 2022 なつ」の販売を始める。

山形県内4蔵元による「山川光男 2022 なつ」数量限定で販売

"山川光男"(やまかわみつお)は、山形県内にある4蔵元の水戸部酒造、小嶋総本店、男山酒造、楯の川酒造が結成したユニット。各酒造の代表銘柄から1文字ずつ取った「山」形正宗、楯野「川」、東「光」、「男」山、から名付けられた。現在は年4回、季節ごとに新しいお酒を順番に販売するプロジェクトとして定着。今年は夏に販売する山川光男を、楯の川酒造が手がけた。

「山川光男」今年のテーマは「俳句」「山川光男」今年のテーマは「俳句」

今年のテーマは「俳句」。「奥の細道」の作者である俳諧師の松尾芭蕉へのオマージュ作品第二弾として、「田一枚 植えて立ち去る 柳かな」と句が描かれている。飲み心地はしっかりめで、酸味に少しアクセントがある味わい。どんな料理にも合わせやすい上品な酸味と甘みのある食中酒で、特にアジの南蛮漬け、いんげんの胡麻和え、キスの天ぷらとのペアリングがおすすめ。「山川光男 2022 なつ」(720ml)は2200円、同1800mlは4070円。いずれも税込。

【山川光男公式HP】

最新の記事

ナガセサンバイオSP 2022

みどり戦略

おきなわ50年バナーSP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る