おきなわ50年バナーPC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
石原バイオサイエンスヘッドSP:ネマトリンエース
JA全中中央①PC
FMCセンターSP:ベネビア®OD

「アグリイノベーション大学校」2022年秋季入学生の募集開始2022年5月24日

一覧へ

週末農業学校「アグリイノベーション大学校」を運営するマイファームは、2022年度秋入学生の募集を開始。技術力と経営力を持ち、多様なバックグラウンドを持った農業人材を輩出するため、カリキュラム・ネットワーク強化を図る。

「アグリイノベーション大学校」2022年秋季入学生の募集開始

2009年の農地法の改正における規制緩和で、農業法人以外の企業も農地が借りられるようになり、2009年から2019年までに農業参入した一般法人数は3669法人と改正前の約8.6倍となっている。最近ではアフターコロナを見据えて大手企業が農業への参入するケースも相次いでおり、2021年に農林水産省により策定された「みどりの食料システム戦略」や、SDGsを考慮したビジネスへの注目もあり、農業人材へのニーズが高まっている。

働きながら農業を学べる週末学校として開校した「アグリイノベーション大学校」は、今年で12年目となり、累計で2000人を超える農業人材を輩出。仕事を続けながら週末で農業を学びたい人に向けて、農業の技術や経営に関しての知識・理解を深める、学びのプログラムを提供している。

有機農業の原理原則を軸に、農業技術の基礎から応用、就農を目指すにあたっての基礎知識や、生産・流通・販売・その他アグリビジネスなど農業経営に関する多様で体系的に学べる。さらに視野を広げて、「農」を基軸に、社会・地域の課題解決を考えるカリキュラム構成となっている。

2022年秋季の入学生募集では、さらにカリキュラムとネットワークの強化を図る。ポイントとしては、全国の実習農場でのデータを活用した講義設計で、農業経営講義でのBCP・第三者承継・データ活用の講義強化する。また、卒業生のネットワークを活用したコラボ講義や就農支援等の連携を強化し、農業経営および技術における業界最前線の企業と連携する。

【アグリイノベーション大学校】

最新の記事

ナガセサンバイオSP 2022

みどり戦略

おきなわ50年バナーSP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る