おきなわ50年バナーPC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
石原バイオサイエンスヘッドSP:ネマトリンエース
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(PC)センター
FMCセンターSP:ベネビア®OD

全国的に平年より暑い夏"ダブル高気圧"で猛暑に ウェザーニューズ2022年6月23日

一覧へ

ウェザーニューズは6月22日、「猛暑見解2022」を発表した。今年の夏(7月〜9月)の気温は、広範囲で平年より高く、全国的に平年より暑い夏になる予想。暑さのピークは7月後半と8月後半で、沖縄で平年並から高く、西日本から北日本にかけては平年より高い傾向と予想している。

2022年夏の気温傾向2022年夏の気温傾向

今年は7月中旬までに梅雨明けする地域が多く、2021年と同様に暑い時期が平年より早く始まる。7月になると、太平洋高気圧が本州付近への張り出しを次第に強め、7月中旬には、本州付近に停滞している梅雨前線が日本海から東北付近まで北上する見込み。

7〜9月の平均気温は、北日本から西日本は平年より高く、沖縄は平年並か高くなる見込みで、全国的に暑い夏になりそうだ。7月は西日本から北日本にかけて平年より高く、暑さの厳しい日もある。沖縄は平年並で、8月は全国的に平年より高く、後半は残暑が厳しくなる。9月も全国的に高温傾向が続き、彼岸の頃までは残暑が厳しくなる予想。

今年の猛暑ピーク時の天気図イメージ今年の猛暑ピーク時の天気図イメージ

昨年の8月中旬から下旬は、前線の活動が非常に活発となった影響で、西日本から東日本の広い範囲で大雨となり、気温が平年より低くなる日があった。今夏は昨年ほどではないが、西日本から東日本で湿った空気が流れ込むため雲が広がりやすくなったり、にわか雨や雷雨が起こりやすくなったりする影響で、暑さが和らぐ時期がある見込み。

7月後半と8月後半は日本の上空で高気圧の勢力が強まり、暑さのピークとなる予想。7月後半は西日本から北日本にかけて、8月後半は全国的に、暑さが厳しくなる。この暑さの鍵となるのが、太平洋高気圧とチベット高気圧で、広がる高度が違うため、チベット高気圧が日本付近まで張り出すと、太平洋高気圧と上空で重なり合って"ダブル高気圧"となり、二つの高気圧が非常に背の高い一つの高気圧のようになり厳しい暑さをもたらす。35度以上の猛暑日が続いたり、フェーン現象が起こりやすい場所では40度前後の酷暑になることもある。

最新の記事

ナガセサンバイオSP 2022

みどり戦略

おきなわ50年バナーSP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る