2022夏季特集:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
石原バイオサイエンスヘッドSP:ネマトリンエース
FMCセンターPC:ベネビア®OD
JA全中中央SP

「GAP普及大賞」「GAP実践大賞」を募集開始 日本GAP協会2022年7月5日

一覧へ

(一財)日本GAP協会は10月28日、新型コロナウイルスの影響で休止していたシンポジウム「GAPJapan2022」を3年ぶりに開催。メイン企画となる「GAP普及大賞」に加え、今年から「GAP実践大賞」を新設し、モデル的な実践の取組みの募集を始めた。

同シンポジウムでは、恒例のメイン企画として「GAP普及大賞」と新設の「実践大賞」の表彰を行う。自薦・他薦は問わず、農場による取り組み、普及・指導や認証農産物の消費拡大に貢献した事業者および個人の取り組みが対象となる。候補者は、学識経験者による選考委員会で審査。大賞候補者に選ばれた場合は、同シンポジウムで取り組みの事例を発表する。

◎募集概要
<募集対象>
①GAP普及大賞:GAPの普及に貢献した取り組み(GAPにおける地域・全国への普及や産地化等の取り組み)
②GAP実践大賞:GAPのモデル的な実践事例となる認証農場の取り組み(GAPの実践によるSDGs、食品安全、労働安全、従業員教育等の取り組みやGAP認証取得を販売促進、ブランド化へ活用した取り組み等)

<応募資格>
GAPに関わる指導者、関係者やGAPを実践する農場、団体等(自薦・他薦可)。

<応募方法>
応募期間:7月1日~8月31日
応募書類:「GAP普及大賞・実践大賞2022年候補募集!」の用紙下部の記入部分を使用。
応募先:日本GAP協会GAP普及・実践大賞事務局 〒102-0094東京都千代田区紀尾井町3-29日本農業研究所ビル4階
(メール)info@jgap.jp/(FAX)03-5215-1113

<受賞者の発表・表彰式>
9月中旬予定

<問い合わせ>
(メール)info@jgap.jp、(電話)03-5215-1112

最新の記事

NTT・ビオストック SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る