2022夏季特集:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCトップSP:育苗箱混合剤
JA全中中央①PC
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

農業をDX化 クラウド営業支援ツール「ネクストSFA」導入 大潟村あきたこまち生産者協会2022年7月13日

一覧へ

Webマーケティングとクラウドセールステック(営業DX)を展開するジオコードが開発・提供するクラウド営業支援ツール「ネクストSFA」が、秋田県のブランド米「あきたこまち」を生産、加工、販売する大潟村あきたこまち生産者協会に導入された。

「ネクストSFA」の対応履歴画面サンプル「ネクストSFA」の対応履歴画面サンプル

大潟村あきたこまち生産者協会は、「自分たちが栽培したお米を全国の消費者に直接お届けしたい」との思いから地元農家が昭和62年に創立。秋田県大潟村で安心・安全な「大潟村あきたこまち」を生産・販売するとともに、米粉や発芽玄米、お餅、パスタ、甘酒など、お米を使ったさまざまな加工食品を開発・販売している。

かつて日本で2番目に大きな湖だった八郎潟を干拓した周囲82キロの広大な大地は、蓄積された魚介類や海藻類が生んだミネラルが豊富で、周囲を囲む水、日本海からの風や燦々とふりそそぐ夏の太陽など自然に恵まれた環境で、精米時に出る米ぬかを発酵させて造った「米ぬか有機肥料」を使ったエコ農業に取り組んでいる。

このほど、日々の業務で使っていた日報用のツールがサービス終了になったことから、進捗管理などもできる後継ツールを探していたところ、「ネクストSFA」を導入。一目でわかるデザイン性と操作性に加え、日報以外にもLINE WORKSとの連携など、さまざまな機能が充実していたことが導入の決め手となった。

「ネクストSFA」は、見込み顧客の情報から商談履歴、さらに案件成立後の顧客対応状況までの一連の営業プロセスを見える化して効率的な管理を可能にするクラウド業務支援ツール。ユーザーにとっての見やすさと使いやすさを重視した設計で、短期間かつ低コストで容易に導入できる。

同協会は、「ネクストSFA」の導入により、業務を可視化でき、進捗管理もしやすくなった。また、予定に履歴を残すことで、商談時の会話内容が時系列で確認できるため、顧客や他の営業員と良質なコミュニケーションが取れている。さらに、以前のExcelシートより見やすく便利になり、営業会議などで全体と個人の売上状況を確認するのにも活用されているという。

最新の記事

シンジェンタ右上長方形:SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る