人事2024 左バナー 
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
JA全中中央①PC
FMCプレバソンSP

卵の卸売価格が平成3年以来の高値 前年同月より35%上昇 資材高騰に鳥インフル拍車2022年12月27日

一覧へ

資材高騰などの影響で卵の卸売価格が上昇を続け、12月の平均価格は前年同月比で35%上昇し、平成3年以来の高値となった。資材高騰に年末の需要期が重なったことに加えて鳥インフルエンザの流行が拍車をかけた形だ。価格は年明けにいったん落ち着くと見られるが、鳥インフルエンザの流行はさらに広がる可能性があり、市場関係者は注視している。

JA全農たまごが公表している相場情報によると、12月の東京の卵のM基準値(円/㎏)の平均卸売価格は284円となり、前年同月の210円より約35%上昇した。平成3年3月に335円まで高騰して以来の高値となった。

鶏卵の卸関係者によると、昨年から今年にかけて飼料価格が急騰したことで農家の生産意欲が減退して生産を抑制する傾向が進む中、コロナ禍の行動制限撤廃による外食需要の回復に年末の需要期も重なり、価格の上昇が進んだ。さらに今シーズンは鳥インフルエンザが猛威を振るい、農水省によると、すでに22道県で48件が発生、全国で採卵鶏は625万羽殺処分されている。全国の飼養羽数の約1億3700万羽に占める割合は4.6%で、直ちに流通に大きな影響は及ぼすものではないとされるが、「価格上昇に拍車をかけている」(市場関係者)とされている。

こうした状況について、野村哲郎農相は12月27日の閣議後会見で、「年が明ければ需要がある程度冷え込むので卵の価格は落ち着くと思われる。生産者も工夫しながら量的にも価格的にも求めやすいよう設定しているのでべらぼうに上がってくることはないと思う」などと話し、鶏を淘汰する期間を調整することなどで量的には確保できるとの見通しを示した。

一方、スーパーなどの小売価格は平年比で108%ほどにとどまっているものの、鳥インフルエンザの影響で地域によっては特売を中止するなどの動きもあり、市場関係者は「鳥インフルエンザの流行の状況も含めて年明けも需給状況を注視したい」と話している。

重要な記事

ヤンマーSP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る