人事2024 左バナー 
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
240401・ニッソーグリーン マスタピース水和剤SP
日本曹達 231012 PC
日本曹達 231012 SP

「茶殻入り印刷用紙」の紙ファイルを学生が制作 オープンキャンパスで配布 千葉商科大2023年4月20日

一覧へ

千葉商科大学政策情報学部は、学生によるSDGsの取り組みとして、飲料メーカーの伊藤園と製紙メーカーの北越コーポレーションが共同開発した「お~いお茶」などの茶殻入り印刷用紙を使ったた紙ファイルを制作し、今年のオープンキャンパスで配布している。

オープンキャンパスで配布されている紙ファイルオープンキャンパスで配布されている紙ファイル

この取り組みに先立ち、学生らは、印刷会社の加藤文明社が企画する「紙を通じて企業の社会活動を学ぶ」ワークショップに参加。同社は、印刷工場を利用した産学連携ワークショップを開いており、印刷商材として混抄紙と呼ばれる環境に配慮された素材を使った紙ファイルを提案している。

学生らはワークショップの際、伊藤園と北越コーポレーションによる、「茶殻入り印刷用紙」の開発経緯や製造方法などについて学び、伊藤園の「茶殻リサイクルシステム」のコンセプトに共感。茶殻に含まれるカテキンなどの有効成分も生かした「アップサイクル」製品である「茶殻入り印刷用紙」の普及に貢献したいと考えた。

これまでのオープンキャンパスでは、プラスチック製クリアファイルを配布していたが、2023年度は脱プラスチックを進め、気候温暖化対策に貢献する「茶殻入り印刷用紙」で制作した紙ファイルを配布することに。デザインは、同学部の学生を対象にデザインコンペを行なったところ、3案が採用となった。

学生らは、茶殻の特徴を生かした製品開発や環境面・社会面で新しい価値を生みだす伊藤園独自の「茶殻リサイクルシステム」の取り組みを普及させることで、同社が推進する「茶殻=有効資源」を社会の常識にする循環型社会への貢献の一助となることをめざしている。

重要な記事

ナガセサンバイオ右上長方形SP 20230619

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る