人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
240401・ニッソーグリーン マスタピース水和剤SP
FMCプレバソンPC
FMCセンターSP:ベネビア®OD

新型移動販売車「走るお店げんきくん号」運用開始 グリーンコープ生協ひろしま2023年9月25日

一覧へ

グリーンコープ生活協同組合ひろしまは、新型の移動販売車「走るお店げんきくん号」の運用を9月25日から開始。広島県の過疎地における「買い物難民」の問題解決をめざす。

新型移動販売車「走るお店げんきくん号」新型移動販売車「走るお店げんきくん号」

新型移動販売車には、新たに冷蔵ショーケースを設置することで冷蔵食品を多く運べるようになっり、利用者は商品を見やすく選びやすくなる。今回の新型移動販売車の導入はグリーンコープで実施した「2018年7月 西日本豪雨災害支援カンパ」で集まった募金を原資に利用。2018年の被災以来、グリーンコープの組合員を中心に5年以上にわたって「支援の輪」が続いた結果、新型車両導入が実現した。

農林水産省が4月に公表した「『食料品アクセス問題』に関する全国市町村アンケート調査結果」によると、1013市町村のうち87.2%の883市町村が「対策が必要」、または「ある程度必要」と回答があった。車で行ける距離に大型スーパーマーケットがあっても、高齢者が安全に車を運転することは、年齢とともに難しくなり、「買い物難民」の問題は地域の重要な課題となっている。

一方で「買い物難民」問題に対し、行政単独で対応しようとしても人員、予算などの制約から、限界があるため、グリーンコープ生協ひろしまは地域の行政と力を合わせ、この問題の解決に取り組んでいる。移動販売車は2018年9月に広島県呉市4か所から始まり、年々、現在では14か所で開催されている。

重要な記事

ヤンマーSP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る