人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCベリマークSC:(SP)ヘッダー
FMCセンターPC:ベネビア®OD
FMCセンターSP:ベネビア®OD

奈良市月ヶ瀬の朝採れ野菜を即日飲食店へ 特産品販路・地消拡大に向けた実証実験開始2023年11月21日

一覧へ

奈良市、日本郵便、(一社)Local Coop大和高原の3者は11月20日から12月22日の約1か月間、日本郵便の地域内配送サービス「ぽすちょこ便」を活用し、奈良市月ヶ瀬地区の特産品について、市街地の飲食店への流通を促進する新たなサービス『大和高原直送便』の実証実験を開始する。

スキームイメージ

月ヶ瀬地区では、季節の旬の野菜や大和茶、梅干し、しいたけなどの特産品を直売しているが、市街地から離れていることから購入される機会が少ない。一方、域外への販売については、配送料など販売に係るコストの高さや販路獲得の難しさから、特産品の消費量が伸びず、食品ロスの発生や生産の意欲減退などの課題があった。

そこで、日々運行される郵便車両の空きスペースを活用した安価な地域内配送サービス「ぽすちょこ便」を活用するとともに、Local Coop大和高原が中心となって奈良市街地の飲食店とマッチングすることで、月ヶ瀬地区の特産品を、市街地の飲食店に流通させる持続可能なサービスを実現する。多くの人に特産品を味わってもらうことで、地産地消の拡大、食品ロス対策、地域産業の維持を目指す。

また、今回のパートナーである飲食店においては、月ヶ瀬の特産品を使った料理を提供。特産品の持つ魅力の普及と向上に繋げることで、月ヶ瀬地区に対する関係人口の創出を図る。

実施イメージ

重要な記事

日本曹達_ナブ乳剤_SP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る