左バナー 人事2023
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
SPヘッダー:石原バイオサイエンス・クロスアウトフロアブル
日本曹達 231012 PC
FMCプレバソンSP

グリーンコープ生協おおいた「2023カーボンニュートラルまつり」開催2023年11月30日

一覧へ

グリーンコープ生活協同組合おおいたは12月2日、「2023カーボンニュートラルまつり」を大分西センターで開催。また、同3日に大分県南センターで開催する。

グリーンコープ生協おおいた「2023カーボンニュートラルまつり」開催

「2023カーボンニュートラルまつり」は、安心・安全な食べものとグリーンコープのカーボンニュートラルの取り組みを各ブースで体感できるイベント。12月2日開催の大分西センターの会場には、約15社の取引メーカーや生産者が出展し、グリーンコープの安心・安全で美味しい食べものを実際に試食できる。また、「マイ箸作り」「新聞エコバック作り」「手作りコンポスト講座」「みつろうラップ作り」などエコが実感できるワークショップも開かれる。

一方、12月3日の大分県南センターの会場には、約10社の取引メーカーや生産者が出展。子どもに人気の「フランクフルト」「わたがし」「元気くん焼き」などを販売するほか、グリーンコープのマスコットキャラクター「元気くん」とじゃんけん大会を実施する。

両会場では、配送トラックのEV化を目指す、グリーンコープ生協おおいたで初導入となる「日野デュトロZEV」を展示。運転席と荷物室が車内でつながる「ウォークスルー構造」の配送トラックで、荷台で作業をする際に車外に出る必要がなく、ドライバーの負担を軽減できる。また、荷台の高さは一般的なトラックの半分ほどの約40センチで、女性や高齢ドライバーでも積み下ろしが簡単にできる。

◎「2023大分西センターカーボンニュートラルまつり」開催概要
日時:12月2日10:00~14:00
会場:グリーンコープ生協おおいた大分西センター(大分市大字寒田415-1)
参加費:入場無料(申込み不要)

◎「2023大分県南センターカーボンニュートラルまつり」開催
日時:12月3日10:00~14:00
会場:グリーンコープ生協おおいた大分県南センター(津久見市大字津久見1311)
参加費:入場無料(申込み不要)

重要な記事

ヤンマーSP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る