左バナー 人事2023
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
日本曹達 231012 PC
FMCプレバソンSP

有機農業の現状と課題「有機農業白書 vol.0」発表  坂ノ途中2023年12月11日

一覧へ

環境負荷の小さな農業を広げるため、日本と東南アジアでバリューチェーンの再構築に取り組む株式会社坂ノ途中は、「有機農業の日」の12月8日、「有機農業白書 vol.0 〜有機農業を広げる妥当性と必要な支援〜」を発表。有機農業の環境持続性についての考察と国内における課題と必要な支援策をまとめた。

有機農業の現状と課題「有機農業白書 vol.0」発表  坂ノ途中同白書は、そもそも持続性の定義とは何なのかという問いからはじめ、有機農業と慣行農業が環境に与える影響の国際的な比較や、日本国内に当てはめた場合の有効性などを解説。

また、有機農業を広げるにあたって何が問題となっているのか、同社が多くの情報を持つ「新規就農者」に焦点を当てて考察するとともに、就農のための情報収集、就農への具体的な準備、就農後、という3つのステップにおいてどのような支援が必要なのかをまとめている。

今回のvol.0は、序章という位置付けで、これをきっかけに情報を広く集め、今後、正式な白書を定期的に発表していく。

農林水産省は持続可能な食料システムを構築するため、2021年に「みどりの食料システム戦略」を策定。現在、耕地面積の0.6%(2万5200ha)となっている有機農業の面積を、2050年までに25%(100万ha)に拡大する目標を掲げている。

同白書は今後、定期的に発表を予定。有機農業を広げるために行動する人、もしくは行動したいが何をすれば良いか分からない人にとっての地図となることを目指している。

重要な記事

ヤンマーSP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る