左バナー 人事2023
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
SPヘッダー:石原バイオサイエンス・クロスアウトフロアブル
FMCプレバソンPC
2・SP:朝日アグリア・エコレット

島根県雲南市で「鳥獣害対策ソリューション」実証事業開始2023年12月11日

一覧へ

島根県雲南市とアイテック阪急阪神(大阪市福島区)、GAUSS(東京都渋谷区)、サイレックス・テクノロジー(京都府精華町)および特定非営利活動法人おっちラボ(島根県雲南市)は、総務省が行う令和5年度地域デジタル基盤活用推進事業の実施企業に選定。12月11日から『Wi-Fi HaLow(TM)とカメラ画像を活用した獣害被害削減の実現』に関する実証事業を開始する。

実証フィールドの島根県雲南市三刀屋町飯石地区実証フィールドの島根県雲南市三刀屋町飯石地区

5者は同実証事業を通じ、新たな無線通信技術とソリューションを効果的に組み合わせることで、昨今増加傾向にある野生鳥獣による人や農作物への被害の抑制に役立てることを目指す。

【事業目的】
・鳥獣被害を抑制するための罠や檻等の管理の省力化
・人や農作物への被害の原因である鳥獣(有害鳥獣)の捕獲率の向上及び被害の軽減
・発見した有害鳥獣をAIにより種別判定し、出没情報を住民へ迅速に通知(情報の共有)

同実証事業には、新しい通信技術であるWi-Fi HaLow(TM)が用いられる。

【実施期間(予定)及びエリア】
12月11日~2024年1月12日 島根県雲南市三刀屋町飯石地区

【概要】
(1)鳥獣被害を抑制するための罠や檻等の映像監視について

罠や檻等の近くに設置したカメラの画像を遠隔監視できるシステムを構築し、見回り作業の負荷軽減を実現。また、遠隔監視により罠や檻等の状態把握が可能となるため、以前と比べて有害鳥獣捕獲率を向上させる効果が期待できる。また、予めカメラ画像によって捕獲した有害鳥獣の種別や数を確認できることから、適切な対応人員や捕獲用具の準備が可能となるほか、初動対応から捕獲までの一連の手順の簡素化が見込める。

(2)AIを活用した有害鳥獣情報の取得及び有害鳥獣出没状況の伝達・共有

AIによるカメラ画像解析を用いて種別を判定し、出没場所等を専用のポータルサイトを通じて市職員や地域住民へ連携する仕組みを構築する。また、蓄積した情報から有害鳥獣が出没しやすい場所や生息範囲・行動範囲等を予測し、罠や檻等の種類や設置箇所・数量等の検討に利活用することで捕獲効果を高める。

「鳥獣害対策ソリューション」概要「鳥獣害対策ソリューション」概要

重要な記事

ヤンマーSP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る