人事2024 左バナー 
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
240401・ニッソーグリーン マスタピース水和剤SP
JA全中中央①PC
FMCセンターSP:ベネビア®OD

日本のお茶文化を通勤へ エキナカ緑茶「日本の茶事」発売 JR-Cross2024年2月27日

一覧へ

JR東日本クロスステーション ウォータービジネスカンパニー(JR-Cross)は2月27日、エキナカを中心に展開しているオリジナル飲料ブランド『acure made <アキュアメイド>』から「日本の茶事」を発売。従来の緑茶商品「朝の茶事」をリニューアルし、日本のお茶文化を通勤へつなげる。

リニューアル発売の「日本の茶事」(ペットボトル)リニューアル発売の「日本の茶事」(ペットボトル)

「日本の茶事」は、同社と伊藤園との共同開発商品。苦み・渋みを抑えることで、「すっきり」ではなく、緑茶のおいしさを感じられる「飲みごたえ」のある味わいになった。火入れを強くして、香りにもこだわり、「味わいと香り」の両方を楽しめる。また、毎日手軽に飲めるよう525mは税込140円、275mlは税込120円と求めやすい価格に設定した。

日本のお茶文化の代名詞と言える「茶道」では、今に向き合い、自分自身を見つめ直すことでこころを"ととのえる"ことができると考えられている。同社は、リニューアルにより通勤・通学時などに「日本の茶事」を飲むことで、何か特別なことをしなくても、一息つける「ととのい」時間を創ることを提案。同商品の開発者は「昨今、良く目にするサウナで自分を"ととのえる"サ道"と、"茶道"が心身を整えるという同じ意味合いを持つと考え、誰にでも身近に感じられる『通勤サ道』というキャッチフレーズを設定した。緑茶の伝統文化「茶道」を現代風にアップデートし、まずは緑茶がみなさまの身近なモノになれば」とコメントしている。

また、発売を記念して2月27日~3月25日の期間、「日本の茶事」の購入本数に応じた景品が当たる「『日本の茶事』を飲んで景品を当てようキャンペーン」を実施する。

重要な記事

240401・シンジェンタ粒粒マイスター:右上長方形SP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る