人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
ヘッダー:FMC221007SP
FMCセンターPC:ベネビア®OD
FMCプレバソンSP

「食農バリューチェーン全体最適化支援サービス」提供開始 KPMGコンサルティング2024年7月9日

一覧へ

KPMGコンサルティングは、農産物の生産から製造・加工、流通、消費に至る一連のプロセスに総合的にアプローチし全体最適化を進める「食農バリューチェーン全体最適化支援サービス」の提供を開始した。

食農バリューチェーンの構築要素とKPMGが描くゴール

同社は、食農バリューチェーン全体の最適化を図り、国内農業の持続可能性を高めるため、DX、地方創生、事業変革など、さまざまな支援を通じて培ったノウハウや知見などを活用し、各領域のプロフェッショナルが連携して同サービスを提供する。

具体的には、スマート農業を推進する「レジリエントに対応できる農業」、農村のスマートシティ化を図る「安心・安全に営農できる農村」、食品産業のイノベーションを創出する「レスポンシブに最適化できるネットワーク」の3つの観点から、持続可能な農業の実現に向けて総合的にアプローチする。

ゴールに向けたKPMGのアプローチとソリューションゴールに向けたKPMGのアプローチとソリューション

ゴールに向けたアプローチとして「スマート農業の推進」では、レジリエントの対応できる農業の実現に向けて、データ分析やロボット等のテクノロジーを駆使した調達・生産の最適化や自動化を織り込み、新たな生産プロセス・技術の開発を支援する。また、「農村のスマートシティ化」では、安心・安全に営農できる農村の実現に向けて、地域創生に関する総合的なナレッジ・ノウハウを用いて、災害・気候変動に対応した変化に強いインフラ・サービスの開発や、地域産業を活性化する新たなプロダクトの創出を支援する。

さらに、「食品産業のイノベーション創出」においては、レスポンシブに最適化できるネットワークの実現に向けて、ビジネスイノベーションやサプライチェーンマネジメント、サステナビリティ推進、トレーサビリティなど、の農業ストラテジーと、IoTやブロックチェーン等のテクノロジーに関するナレッジを組み合わせて総合的にアプローチ。スマートフードチェーンの構築や新たな食品マーケットの創出を支援する。

重要な記事

ナガセサンバイオ右上長方形SP 20230619

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る