栽培技術 ニュース詳細

2013.11.21 
産地リーダー養成研修を創設 日本GAP協会一覧へ

 日本GAP協会(JGAP)は、これまでの指導ノウハウを集約し「GAPの産地リーダー養成研修」を創設した。

 JGAPの認証農場は、日本・韓国・タイの3カ国で1749農場となっているが、産地の競争力を高めるためには、複数の農業者で組織された産地でGAPをいかに効率よく効果的に導入するかがポイントだといえる。そのためには、産地を継続的に発展させられるGAPの実務者リーダーが必要だといえる。
 そのためにJGAPでは、産地を内側から支える人材の育成に特化したこの「養成研修」を創設した。
 研修の具体的な開催日程などの詳細は、JGAPホームページで。


(関連記事)

JA東予園芸、GAP普及大賞2013を受賞(2013.07.10)

「日本のGAPの今がわかる」シンポ 7月26日(2013.07.08)

JGAPがグローバルGAPとの同等性認証手続きを再開 農産物の輸出促進めざす(2011.10.18)

5月1日から「放射能検査プログラム」サービス開始  日本GAP協会(2011.04.22)

「強い日本農業づくり」にGAPの活用を  日本GAP協会が政策提言(2011.02.21)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ