栽培技術 ニュース詳細

2014.06.09 
国内最大級の植物工場稼働 千葉・柏の葉に一覧へ

 (株)みらいと三井不動産(株)は、柏の葉スマートシティ(千葉県柏市)に、国内最大級の植物工場「柏の葉 第2グリーンルーム」を本格稼働した。

人工光型植物工場 この植物工場では、多段栽培施設で、園芸学専攻技術者による成分コントロールで機能性に優れたレタス、グリーンリーフ、ロメインレタス、フリルレタスを含む15種類以上の野菜を、1日約1万株生産・出荷できるという。
 この植物工場は、みらい社の植物工場「グリーンルーム」を採用。栽培システムは、栽培用人工照明(蛍光灯、一部LED)、閉鎖式培養液循環システム、二酸化炭素濃度など大気組成分の制御などすべてをセンサーで制御する「完全制御型水耕栽培システム」を採用。
 天井高6mに10段以上の栽培ベッドを配置するが、10段の場合、露地栽培と比較して面積効率が100倍以上の生産性になるとしている。
 三井不動産がこの工場の工場事業主となり(三井ホームが施工)、みらい社が工場を運営し野菜を生産。生産された野菜は(株)みらいトレーディング(JA6次産業化ファンドからの出資を受けている)がパッキングし出荷する。


(関連記事)

【シリーズ・薬草産業の将来展望】農商工連携で「薬都富山」を復活(2014.06.05)

【特別座談会】新世紀JA研究会・歴代代表が語る 組合員目線で政策提案を(2014.05.26)

農業参入、黒字3割 半数以上が農地所有望む(2013.12.11)

植物工場市場3倍に 富士経済が予測(2013.11.18)

農協事業の新機軸を探る 農協研究会が現地研(2013.11.18)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ