栽培技術 ニュース詳細

2014.08.27 
組み換えカイコの判別が簡単に 生物研一覧へ

遺伝子の働きを強力にする制御部位発見

 カイコの卵で遺伝子を強く働かせるプロモーターを農業生物資源研究所(生物研)が発見した。このプロモーターはマーカー遺伝子を強力に働かせるため、卵の段階で目的とするカイコを簡単に判別できるようになり、選抜作業が飛躍的に向上する。8月25日発表した。
(※本文中の写真等はすべて生物研の公表資料より。)

 カイコはタンパク質の生産能力が高く、医療用の検査薬などに使われる有用タンパク質を生産する遺伝子組み換えカイコを利用した有用物質生産の事業化も行われている。
 しかし、目的の遺伝子を組み込んだ組み換えカイコができる確率は数百分の1で、生育後に選抜するのでは効率が悪く、卵の段階で選抜できる技術の開発が望まれていた。
 卵の段階の選抜は、マーカー遺伝子の働きをみて行うが、発見したプロモーターは、この遺伝子を強力に働かせる。
 このプロモーターを利用すると、マーカー遺伝子の働きを容易に確認できるため、卵の段階で目的とするカイコを簡単に判別できる。卵だけでなく、その組織でも同様に強く働くため、さまざまな遺伝子の機能をこれまでより容易に調べることが可能になり、有用物質生産の効率化や害虫制御剤の開発などにつながる。

 

卵の段階で目的とするカイコを容易に判別できるように

(写真)
卵の段階で目的とするカイコを容易に判別できるように


(関連記事)

消費者の権利に基礎置く表示基準を 生活クラブ(2014.08.20)

食品表示、TPP妥結前に基準化を パルシステム(2014.08.18)

宇宙で昆虫が成長 生物研など(2014.04.16)

遺伝子組換えカイコ 隔離飼育試験を承認へ(2014.02.24)

蚕の変態を抑制する遺伝子発見 薬剤開発に期待 生物研と東大(2012.03.22)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ