Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

簡易土壌診断法、減肥技術でフォーラム 埼玉で 農研機構2016年11月14日

一覧へ

 農研機構と農水省は共催で「土壌蓄積養分と地域資源の利用による施肥コスト削減」をテーマにした関東地域マッチングフォーラムを11月30日、埼玉県さいたま市のJA共済埼玉ビルで開く。申込締切は11月21日まで。

 マッチングフォーラムは研究機関の開発技術を生産現場に迅速に普及定着させるため、生産者、普及関係者、研究者などが双方向に情報交換を行うもの。今回は近年開発された簡易土壌診断法や土壌診断に基づく減肥技術、堆肥を原料とした低コスト肥料について紹介する他、実物やパネル展示を行い、技術相談も受け付ける。
 開催日時は11月30日11時から17時30分。講演会とパネルディスカッションは13時から16時30分。
 場所は埼玉県さいたま市のJA共済埼玉ビル3F大会議室。
 当日参加も可能だが、できる限り農研機構のホームページ、または郵送、faxで、名前、所属、連絡先(電話またはメール)を申し込む。
 問い合わせ先は農研機構 産学連携室 農業技術コミュニケーター TEL 029-838-8979、FAX 029-838-8574、メール CARC-Comm@ml.affrc.go.jp

最新の記事

シンジェンタSP210720-

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る