栽培技術 ニュース詳細

2018.08.02 
国内農機メーカー初の「GLOBAL G.A.P」認証取得 ヤンマーグループ一覧へ

 農機メーカーであるヤンマー(株)のグループ会社・ヤンマーシンビオシス(株)は、滋賀県栗東市にあるヤンマーグリーンフォームの水耕レタス栽培において、国内農機メーカーとして初めてGLOBAL G.A.P認証を取得した。

 ヤンマーシンビオシス(株)は、障がいのある人たちの雇用を推進する共生社会の実現を目指して2014年4月に設立され、同年10月に特例子会社認定を受けたヤンマーのグループ会社だ。
 同センターでは、農産物の生産・販売など農業を通じて地域や人の暮らしを豊かにすることを目的に事業展開している。栗東センターの水耕レタスは、週末に一般開放されているヤンマー社員食堂のサラダ用や同社が運営する各施設に出荷されている。

ヤンマーシンビオシス栗東センターの水耕レタス栽培施設(写真)ヤンマーシンビオシス栗東センターの
水耕レタス栽培施設

 

 ヤンマーでは、食の安全・環境保全・労働の安全を国際標準の生産工程管理で実現するGLOBAL G.A.Pに着目して今回認証を取得したという。今回認証を取得したことで、今後のGAP認証取得を目指す担い手農家や農業法人に対して、トレーサビリティ管理や営農に関する情報提供など幅広く取り組んでいきたいと語っている。

 

(関連記事)
【キーワード農政・スマート農業】「政府全体で推進 社会実装へ」山田広明・農林水産省大臣官房政策課技術政策室長(18.07.27)
「農業を食農産業に発展させる」で学生懸賞論文募集 ヤンマー(18.07.03)
生産者の声反映した共同購入大型トラクター決定 JA全農(18.06.29)
低コストなマニュアルトラクターを導入 ヤンマーが「YT3シリーズ」に(18.03.30)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ