左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

キノコ栽培の担い手、後継者育成 日本きのこセンター2019年2月19日

一覧へ

 (一財)日本きのこセンターは、原木シイタケなどキノコ栽培を目指す人材を募集している。

 本研修は4月1日から1年間、同センターの菌蕈研究所(鳥取市)で原木伐採から植菌、ほだ木育成、発生操作、採取、乾燥、選別、経営、流通までのシイタケの栽培全般にわたる実践的技術と知識などを学ぶ。
 受け入れは若干名で、性別、年齢、学歴は問わない。3月8日までに履歴書・作文・健康診断書を送付する。
 受講料は36万円。なお、研修終了後農業経営を行い、就農時の年齢が満45歳未満の人や研修期間中に諸条件を満たす人には、全国農業会議所から「農業次世代人材投資資金」として年間150万円支給される制度もある(制度内容変更の可能性あり)。
 詳しくは同センター、電話0857-51-8111まで。

 

(関連記事)
最高技術の乾椎茸品評会 JA全農(18.06.08)
JAながのの合併(1)―合併の理由と管理体制(18.02.09)
「えのき氷」の免疫効果を研究発表 東京農大・JA中野市(15.08.27)

最新の記事

シンジェンタSP

注目のテーマ

注目のテーマ

クミアイ化学右カラムSP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
ヤンマーPC右上
クミアイ化学右正方形1PC
住友化学住友化学右正方形2PC
JA共済連右横長1PC
JAバンク右横長1PC
JA人づくり研究会右横長1PC
ニューロング右横長1PC
新世紀JA研究会右横長1PC
農協研究会右横長1PC

注目の情報

最近よく読まれている記事

topへ戻る