栽培技術 ニュース詳細

2019.04.26 
低コスト化、高収益化実用化技術を募集 農林水産省一覧へ

 農林水産省は5月31日まで、園芸と有機農業分野で低コスト化、高収益化につながる実用化技術に関する情報を募集中。選ばれた技術は、関連情報を農林水産省ホームページに掲載し、同省のフェイスブックやツイッターで発信する。

 募集するのは、野菜作りや果樹作りといった園芸と有機農業分野で低コスト化と高収益化につながる実用化技術。
 具体的には、(1)労働費の低減(労働時間の短縮、1人当たり作業面積の拡大、省力技術の導入等)(2)物財費の低減(資材、農機具、施設コスト等の低減等)(3)売上げの拡大(販売単価の向上、10a当たり収量の増大等)に資するもの。
 ここでいう実用化技術とは、すでに普及実績がある、または現場で導入可能な状態の技術を指し、栽培技術、品種、資材、農機具、施設、AI・ICTなど先端技術を含む。
 募集対象者は、こうした実用化技術を開発し、担い手からの問い合わせに対応できる民間企業、公設試験場など試験研究機関、大学、農業者および普及指導機関。
 提出は、令和元年5月31日午後5時まで。

 

【問い合わせ】
農林水産省生産局技術普及課
○電話:03-3501-3769

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ