Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

低コスト化、高収益化実用化技術を募集 農林水産省2019年4月26日

一覧へ

 農林水産省は5月31日まで、園芸と有機農業分野で低コスト化、高収益化につながる実用化技術に関する情報を募集中。選ばれた技術は、関連情報を農林水産省ホームページに掲載し、同省のフェイスブックやツイッターで発信する。

 募集するのは、野菜作りや果樹作りといった園芸と有機農業分野で低コスト化と高収益化につながる実用化技術。
 具体的には、(1)労働費の低減(労働時間の短縮、1人当たり作業面積の拡大、省力技術の導入等)(2)物財費の低減(資材、農機具、施設コスト等の低減等)(3)売上げの拡大(販売単価の向上、10a当たり収量の増大等)に資するもの。
 ここでいう実用化技術とは、すでに普及実績がある、または現場で導入可能な状態の技術を指し、栽培技術、品種、資材、農機具、施設、AI・ICTなど先端技術を含む。
 募集対象者は、こうした実用化技術を開発し、担い手からの問い合わせに対応できる民間企業、公設試験場など試験研究機関、大学、農業者および普及指導機関。
 提出は、令和元年5月31日午後5時まで。

 

【問い合わせ】
農林水産省生産局技術普及課
○電話:03-3501-3769

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る