想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

家庭菜園ノウハウ本の3刷重版を決定ー内外出版社2020年6月22日

一覧へ

(株)内外出版社は、書籍「コップひとつからはじめる自給自足の野菜づくり百科」(はたあきひろ著)の3刷重版を決定した。

「コップひとつからはじめる自給自足の野菜づくり百科」

同書は、コロナ禍の中で注目されている「家庭菜園」のノウハウ本。5月初旬に発売した。

6月19日から都道府県の間の移動自粛が緩和されたが、依然不安を感じている人も多い。このため、外出自粛を機に「自宅で自ら野菜を作る」人が増え、自給自足生活を始める人も目立つ。こうした人たちの一助となっているのが同書である。

著者のはた氏は、奈良市で家族5人分のお米と野菜を作り、自給自足生活を実践している。大手住宅メーカーに23年間勤めた後独立。現在は人と人、人と自然のつながりを大切にし、毎日丁寧に暮らすことを提案する庭暮らし研究所の代表を務める。

同書の主な内容などは以下の通り。
【主な特徴】
・全ページオールカラー、イラスト満載で読みやすい
・初めて野菜を作る人に、も27個のステップで優しく指南
・推奨野菜全30種の育て方を分かりやすく説明

【対象品目】
〈葉菜類〉キャベツ、ブロッコリー、ハクサイ、チンゲンサイ、コマツナ、シュンギク、パセリ、リーフレタス、ニラ、ネギ、ツルムラサキ、モロヘイヤ、クウシンサイ、バジル、ミント、ラッキョウ、ニンニク、タマネギ
〈果菜類〉ミニトマト、ミニキュウリ、ナス、ピーマン、オクラ、ズッキーニ、スナップエンドウ
〈根菜類〉ジャガイモ、サツマイモ、ダイコン、コカブ、ニンジン

【体裁】
176ページA5版、本体価格1600円

【アマゾン購入サイト】

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る