想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:デラン
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

持続可能な農業学ぶスクールのオンラインコースを9月に開講 いかす2020年7月9日

一覧へ

神奈川県平塚市でオーガニック野菜の生産・加工・販売を行う(株)いかすは、人にも地球にも優しい未来の農業を学ぶサステナブル・アグリカルチャー・スクールのオンラインコースを2020年9月に開講する。

サステナブル・アグリカルチャー・スクールの様子サステナブル・アグリカルチャー・スクールの様子

同社はオーガニック野菜の生産・加工・販売と並行して、2018年4月に有機農業を学ぶサステナブル・アグリカルチャー・スクールを開講。開講から2年が経過し卒業生は70人を超えた。卒業後就農している受講者も増えているという。

ただ、新型コロナウイルスの影響で、スクールのほ場実習は一時中止。再開後もソーシャルディスタンスを意識しながら、オンラインで講義を行ってきた。

一方、ウイルスの影響をうけサステナブルな農業や畑に興味を持つ人が増え、農業研修の問い合わせや申し込みも増えている。このような状況を踏まえ、2020年9月からオンラインだけで学べるコース「SASオンライン」を開講することを決めた。

これに合わせ、オンライン体験説明会を7月19日と8月23日に実施する。ミーティングシステム「Zoom」を使って行う。オンラインの、サステナブルに農を営むためのベーシックとなる基礎を学び、畑での実践的な季節感のある学びも動画で見ることができる。受講料は10万円。

同社は、東京大学農学部や東京農業大学、神奈川県農業技術センターとの共同研究、実証ほ場の成果も含め、耕作放棄地から有機農業の畑にするための、土づくりの方法を確立。そのノウハウを同スクールでシェアしていく考えだ。

【サステナブル・アグリカルチャー・スクール】

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る