Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:ゴーゴーサン
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

特別ウェビナー「テクノロジーがもたらすスマート農業化の未来と変革」開催 ネタフィム2021年10月14日

一覧へ

スマート農業の普及を推進するイスラエル発の灌水メーカーのネタフィムジャパンは10月28日、米国のビジネスコンサルティング企業、フロスト・アンド・サリバン・ジャパンの60周年記念キャンペーンの一環で特別ウェビナー「テクノロジーがもたらすスマート農業化の未来と変革」を開催する。

特別ウェビナー「テクノロジーがもたらすスマート農業化の未来と変革」開催 ネタフィム

フロスト・アンド・サリバンの60周年キャンペーンでは、サステナビリティへの注目の高まりとともに産業価値が改めて評価されている農業をリードする企業としてネタフィムを招致。スマート農業の普及を促進し、水資源の有効活用が可能な点滴灌水システムでアグリテック業界で躍進するネタフィムは、同キャンペーンをサポートするため「テクノロジーがもたらすスマート農業化の未来と変革」をテーマに、ウェビナーを開く。

ゲストスピーカーは、ネタフィムと共同で日本の農地の50%以上を締める作物米と「稲」における点滴灌水について研究する香川大学農学部の豊田正範教授と、スマート農業の研究を行う東京農業大学地域環境科学部 の藤川智紀教授。藤川教授は、国内農業を「情報」や「環境」の観点から現状と課題について講演し、豊田教授はさらに日本特有の視点から農業とサステナビリティについて掘り下げる。農業について、専門的な知識や経験がなくても、日本の聴講者にとって身近な話題を織り交ぜながら、スマート農業についての見解を互いに深める機会を提供する。ウェビナーは10月28日13時から開催。

また、同ウェビナーに参加した先着60人に青森県にあるネタフィムの点滴灌水を導入した畑で育ったリンゴセットをプレゼントを用意している。

【特別ウェビナー詳細】

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る