第43回農協人文化賞:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCヘッドSP:エクシレルりんご
FMCプレバソンPC
FMCプレバソンSP

【注意報】野菜、花き類にオオタバコガ 県全域で多発のおそれ 神奈川県2022年7月22日

一覧へ

神奈川県農業技術センターは、野菜類と花き類にオオタバコガが県全域で多く発生するおそれがあるとして、7月22日に病害虫発生予察注意報第1号を発令した。

防除薬剤例

同所病害虫防除部が横浜市神奈川区羽沢町に設置しているフェロモントラップへの雄成虫誘殺数は、7月第1半旬以降に急増し、7月第1半旬から第3半旬までの合計が237.8頭と平年(50.3頭)の約4.7倍となっている。また、県予察ほ(平塚市上吉沢)のフェロモントラップへの雄成虫誘殺数は、7月第1半旬以降に急増し、7月第3半旬の誘殺数が127頭と平年(52.4頭)の約2.4倍で、誘殺数が多い状況が続いている。

気象庁が7月14日に発表した向こう1か月の気象予報では、気温は平年より高いと予想され、次世代幼虫の発生に好適な条件が続くと予想される。

広食性で多くの作物を加害する。若齢幼虫は新葉や蕾、花、幼果に潜り食害するが肥大した果実には潜らない。中齢以降の幼虫は、花、果実、葉の各部を食害し、トマトやナス、ピーマン等では果実に穴をあけて内部を食害する。幼虫は共食いが激しいため、新葉内か大きな果実でも寄生は1頭の場合が多い。新しい食害や虫糞を確認した場合、その周辺に幼虫がいる可能性が高い。

同センターでは次のとおり防除対策を呼びかけている。

(1)中齢以降の幼虫は果実や花等に食入し、薬剤がかかりにくくなる。また、齢期が進むほど薬剤の効果が低下するため、果実や花をよく観察し、若齢期を中心に薬剤防除を行う。各種作物のオオタバコガに適用のある防除薬剤例を表に示している。なお、農薬使用の際は必ずラベルの記載事項を確認し、使用基準を遵守する。

(2)抵抗性を発達させないために、同じ系統の薬剤は連用せず、異なる系統の薬剤をローテーション散布する。

(3)施設栽培では開口部を防虫ネットで覆い、成虫の侵入を防止する。

最新の記事

ヤンマーSP

みどり戦略

クミアイ化学右カラムSP

注目のテーマ

注目のテーマ

住友化学右正方形SP:2023

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る