2022夏季特集:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCトップSP:育苗箱混合剤
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

【注意報】斑点米カメムシ類 県下全域で多発のおそれ 富山県2022年8月9日

一覧へ

富山県農林水産総合技術センター農業研究所は、斑点米カメムシ類の生息数が多く、斑点米被害の増加が懸念されるため、8月4日に病害虫発生予察注意報第1号を発令した。

8月12日の水稲病害虫定点調査の結果、水田内での斑点米カメムシ類の捕獲虫数は1.00頭で平年0.69頭)より多い。特に、アカスジカスミカメの捕獲虫数が多く、畦畔・雑草地及び水田内のイネ科雑草等の穂が出ている地点で生息密度が高い傾向にある。

8月の気温は高いと予想されており、斑点米カメムシ類の発生や活動に好適な状況にある。

クモヘリカメムシ成虫(体長約16ミリ)(写真提供:富山県農林水産総合技術センター農業研究所)クモヘリカメムシ成虫(体長約16ミリ)(写真提供:富山県農林水産総合技術センター農業研究所)

同研究所では次のとおり防除対策を呼びかけている。

アカスジカスミカメ成虫(体長約6ミリ)(写真提供:富山県農林水産総合技術センター農業研究所)アカスジカスミカメ成虫(体長約6ミリ)(写真提供:富山県農林水産総合技術センター農業研究所)

<薬剤防除>
(1)「コシヒカリ」等中生及び晩生品種では、穂揃期の防除を徹底する。
(2)防除の際には、畦畔にも薬剤がかかるように散布する。
(3)クモヘリカメムシの発生の多い地域では、品種を問わず穂揃期と傾穂期の2回防除を行う。
(4)散布後も水田内に斑点米カメムシ類が認められる場合は、追加の防除を確実に実施する。

<雑草対策>
(1)イネ科雑草の穂が斑点米カメムシ類の好適な餌となるため、草刈りの後も穂が出ないように管理する。やむをえず穂が出ている雑草を刈る場合は、本田薬剤防除の直前に行う。
(2)アカスジカスミカメは水田内のヒエ、ホタルイなどの雑草を好むため、水田内の除草に努める。

最新の記事

シンジェンタポータルフェーズ:右上長方形SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る