左バナー 人事2023
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
日本曹達 231012 PC
FMCセンターSP:ベネビア®OD

【注意報】シロイチモジヨトウ 県内全域で多発のおそれ 石川県2023年10月12日

一覧へ

石川県農林総合研究センターは、シロイチモジヨトウが県内全域で多発のおそれがあるとして、10月5日に令和5年度病害虫発生予察注意報第2号を発令した。

図1:フェロモントラップのシロイチモジヨトウ誘殺数(かほく市内日角)※平年値は、過去10年(H25~R4年)の平均

石川県農林総合研究センターによると、9月第6半旬のフェロモントラップへの誘殺数は、平年の約7倍と多い(図1)。

県内での被害が多く報告されている。気象庁が9月28日付で発表した予報によると、北陸地方の向こう1か月の気温は高いと予想されている。

同所では次のとおり防除対策を呼びかけている。

〇シロイチモジヨトウ幼虫は、中齢期以降は薬剤抵抗性が強くなり、分散、食入する習性があるのでふ化直後~若齢期に防除する。

〇ジアミド系殺虫剤の感受性が低下し、多発すると防除が困難になる場合がある。

〇施設栽培では、開口部に寒冷紗等を設置して成虫の侵入を防止する。

重要な記事

シンジェンタ ミネクトコネクト SP 231101

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る