人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCベリマークSC:(SP)ヘッダー
JA全中中央①PC
日本曹達 231012 SP

水稲省力・低コスト栽培の普及拡大へ「九州地域水稲乾田直播栽培最新技術報告会」開催 農研機構2023年11月9日

一覧へ

農研機構は12月7日、「九州地域水稲乾田直播栽培最新技術報告会」を福岡市で開催。水稲の乾田直播に役立つ最新の機械や雑草・トビイロウンカ対策技術を紹介する。

九州地域の稲・麦二毛作を主体とする水田輪作には、「ムギ収穫からイネ播種までの期間が短い」「播種期が梅雨にあたる」という問題があるが、こうした制約下でも、振動ローラによる鎮圧を行うことで漏水を防止する「振動ローラ式乾田直播」技術や降雨後の高水分土壌でも播種可能な「畝立て乾田直播機」を開発してきた。さらに乾田直播栽培で問題となりやすい雑草やトビイロウンカの対策技術も含めた実証試験を進めており、乾田直播栽培の技術的課題が解決に向け大きく前進している。

同報告会では、稲作の省力・低コスト技術として期待されている乾田直播栽培について、播種などの機械や雑草・病害虫対策に関する最新の技術を紹介。九州地域での生産者による導入、取り組み事例を紹介するほか、乾田直播導入生産者3人、コルテバ・アグリサイエンス日本とのパネルディスカッションで、乾田直播普及拡大のための議論を深める。

◎開催概要
日時:12月7日※受付・開場は12:45
場所:レソラNTT夢天神ホール(福岡県福岡市中央区天神2丁目555レソラ天神5F)
定員:200人
申込方法:下記リンクから12月5日17時までに申し込みを。定員に達した時点で締め切り。

重要な記事

240401・シンジェンタ粒粒マイスター:右上長方形SP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る