人事2024 左バナー 
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCベリマークSC:(SP)センター
FMCセンターPC:ベネビア®OD
FMCセンターSP:ベネビア®OD

石灰窒素肥料の販売再開2013年5月15日

一覧へ

 電気化学工業とコープケミカルは5月8日、石灰窒素水和造粒品の販売自粛を解除すると発表した。9月から販売を再開する予定。

 平成23年4月両社が製造・販売する「20粒状石灰窒素」から、有機化合物のメラミンが検出されたことをうけ、同製品の販売自粛と自主回収を実施してきた。
 両社は共同で、同製品のメラミン低減化技術を開発してきた。25年3月25日付で農水省は石灰窒素とそれを原料とする肥料に含まれるメラミン濃度の暫定許容値を設定したが、両社が開発した技術でメラミン濃度をこの許容値以下に抑える技術が確立されたことから、販売の再開を決めた。
 

(関連記事)

【人事速報・組織改定】 電気化学工業 事業部制を廃止し4部門へ再編 (4月1日付)(2013.02.08)

暗渠排水管「トヨドレン」を増産 電気化学工業(2012.12.25)

群馬にメガソーラーを設置  電気化学工業 (2012.12.20)

肥料は微増も全体では減収減益 コープケミカル第2四半期決算(2012.11.12)

肥料売上高は前年同期並み 電気化学工業第2四半期決算 (2012.11.09)

【この人と語る21世紀のアグリビジネス】農業現場のニーズに応えるきめ細かな生産・流通を  コープケミカル株式会社相談役(前社長) 三浦政義(2012.10.19)

重要な記事

ヤンマーSP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る