農機・資材 ニュース詳細

2013.10.08 
トルコギキョウ、5新品種を発表 サカタのタネ一覧へ

 サカタのタネは11月1日から発売するトルコギキョウ2013年秋の新品種全5品種を発表した。新規性のある花色や花形の品種を取り揃えるとともに、生産者の負担軽減、経営の安定化に配慮したラインナップとなっている。

◆二番咲きでも高品質「冬のマリア」

2013秋の新品種「冬のマリア」 12年のトルコギキョウ栽培面積は435haで、前年に比べて4ha減ったが、出荷本数は90万本増えて1億190万本だった(農水省調べ)。これは、採算性の向上を図るため、同じ株から冬と春の2回収穫する生産者が増えているためだ。
 新品種の1つである八重咲き大輪「冬のマリア」は、こうした生産現場の変化に対応した品種だ。二番咲きでも草丈がとりやすく、品質を維持できる。暖地での試作では、「高品質な二番花が5月下旬から6月上旬でも収穫できた」と好評だった。

(写真)
2013秋の新品種「冬のマリア」

◆現場のニーズにあった新たな花色

 そのほかの新品種は、大輪フリンジ八重咲き「ボヤージュ」シリーズで1型(早生)シャンパン、2型(中生)ホワイト、中生中輪バラ咲き「ロジーナ」シリーズでブルーピコティー、中早生中大輪八重咲き「ロベラ」シリーズでブルーフラッシュの4つの新たな花色だ。
 「ボヤージュ ホワイト」は同シリーズ待望の中早生のホワイト品種で、秋のブライダルシーズンにあわせて出荷できるのが特長だ。
 「ロベラ ブルーフラッシュ」は低温低日照条件でも発色がよく、コスト対策などからハウス内の温度を低く設定しても高品質な切り花を収穫できる。
 それぞれの価格は下表参照。

トルコギキョウ2013年秋の新品種 これら新品種の問い合わせはサカタのタネ花統括部(TEL:045-945-8804)まで。


(関連記事)

サカタのタネ、農業法人子会社設立(2013.08.02)

花カタログ、100品種を新掲載 サカタのタネ(2013.05.28)

絵袋「実咲」シリーズに新商品 サカタのタネ(2013.05.22)

サカタのタネ ガーデンセンター横浜がリニューアルオープン 3月15日(2013.02.19)

ミニトマトなど改良品種5点を投入  サカタのタネ(2012.11.02)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ