Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

中東地域最大の下水再生膜処理装置を受注 クボタ2016年1月14日

一覧へ

 株式会社クボタの100%子会社であるクボタメンブレンヨーロッパ(所在地:英国・ロンドン)は、中東地域最大となるオマーン国マスカット市の、下水処理施設向け膜処理装置を受注した。

アルアンサブ下水処理場の施設 オマーン国は河川がなく、水源は地下水を頼っている。従って灌漑・農業用水を中心とした水資源の確保は、大きな課題となっている。そのため排水処理施設には、再生水を作物への散水が可能なレベルまで処理するという、厳しい規制が課されている。
 また近年は、首都のマスカット市を中心にして、宅地や商業施設の急速な開発で、排水量が増加している。既存の処理施設では、その増加に対応することが難しく、処理能力の拡大が求められていた。
 同子会社は、この施設の第1期工事で受注実績があり、2010年から稼動しているが、今回は更新拡張工事となる。
 排水の再生処理性能の規制が厳しい同国において、長年安定して稼動していることや、運転操作及び維持管理が容易であること、更に迅速で適切なアフターサービスを提供してきたことなどが高く評価され、今回の受注に至ったものだ。
中東各国では、オマーン国同様に水資源の確保が重要な課題となっている。浸漬型膜処理装置による排水再生利用は、これまで大規模施設における安定した稼動実績が少ないこともあり、小中規模施設への適用が中心となっていた。
 今回の本案件(12,5000立方メートル/日)の受注のほか、2013年には米国オハイオ州での大型再生処理施設(160,000立方メートル/日)も受注しており、大規模施設においても安定した稼動実績を示していくことが、可能だ。
 同子会社は今後、これらの実績をいかし、中東地域における大規模施設への浸漬型膜処理装置の適用を推進し、中東各国の水資源の確保と水環境の向上に貢献していく考えだ。
(写真)アルアンサブ下水処理場の施設

(関連記事)
米国で小型トラクタなど累計100万台生産 クボタ (15.10.14)

高性能色彩選別機「選別王Ⅱ」発売 クボタ (15.10.05)

フランスの畑作用大型トラクタ工場が本格稼働 クボタ (15.09.25)

直播同時殺虫・殺菌剤施薬機 田植機アタッチメント「土なかくん」業界初登場 クボタ (15.09.11)

インド市場へクボタ製新型トラクタを投入 住友商事・クボタ (15.08.25)

最新の記事

ナガセサンバイオSP 2021

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る