Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

女性でも快適な作業を実現! JAオリジナル小型刈払機を新発売2018年2月2日

一覧へ

 JA全農は(株)丸山製作所(尾頭正伸代表取締役社長、東京都千代田区)と共同企画したJAオリジナル刈払機「草刈りPEACH」を2月から全国各地のJAにおいて販売を開始すると発表した。

 「草刈りPEACH」は、昨年販売したバッテリー動力噴霧器「きりひめPEACH」に続く、JAオリジナル小型農機の第2弾となるもので、きりひめPEACHと同様、JA全農の女性職員と丸山製作所のレディス・プロジェクト担当社員とのコラボレーションによる商品だ。

JAオリジナル刈払機「草刈り PEACH」
 「誰もが使いやすく、快適に作業ができる」をコンセプトに企画開発、本体重量が3.9kgと軽く、操作性も優れていることから、女性や初心者にも気軽に使える点が特徴だ。
 作業中の振動や肩への負担を軽減する新開発の肩掛けバンド(カタ楽バンド)を標準装備。このバンドは、両肩バンドと腰ベルトで機械を持つので、肩への負担が少なく作業ができる。それぞれの身体にフィットできるよう簡単に調整できるようになっている。

標準装備の肩掛けバンド(カタ楽バンド)


 また安定した姿勢で作業しやすいように、シャフトや刈刃の角度を徹底的に見直し、変更した。さらに防振機構を搭載、振動を低減させた。メンテナンス性にも配慮し、長く使えるように、工具フリーやハイニードルを調整できる新キャブレターの採用、エアクリーナーカバーの取り外しが可能になるなどの工夫が施されている。
 実際にJAの女性職員が試用したところ、エンジンの始動が簡単にできた、振動も少なく快適に作業ができた、カタ楽バンドの性能を実感できたなどの評価が寄せられたという。
 草刈りPEACHは、丸山製作所が製造、JA全農が一括で仕入れ、全国各地のJAで販売される。販売価格は税込みで5万6160円。JA全農によると、年間2000台程度の販売をめざすという。

【製品仕様】
○型式:肩掛式/両手ハンドル
○寸法:長さ1815m、幅540m、高さ460m
○本体重量:3.9㎏
○エンジン:丸山DE213
○排気量:21立方センチメートルです

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る