農機・資材 ニュース詳細

2019.01.07 
2017年度の肥料・土壌改良材市場は減少一覧へ

 TPCマーケティングリサーチ(株)は、肥料と土壌改良材市場について調査を実施。2017年度は前年度比1.9%減の1821億円だったと発表した。

 単肥、有機質肥料、複合肥料、政令指定土壌改良材、普通肥料、などを対象に2018年9月から12に調査を実施。肥料・土壌改良材市場は、前年度より1.9%減の1821億円となった。
 種類別で最も多かったのは化成肥料の868.7億円(47.7%)、次いで配合飼料が477.2億円(26.2%)だった。政令指定土壌改良材は74.7億円(2.1%)で、供給量が2015年から2017年にかけて一貫して減少傾向にある。
 同市場は世界的に拡大傾向にあるが、国内は農業従事者の高齢化、労働力の不足等により減少傾向にある。今後も大きな増加に転じる可能性は低い見込みだ。2018年度については、前年度比0.5%減の1812億円となるだろうと予想している。
 メーカー各社は、自社肥料の拡販を狙った「トータルソリューション」、施肥回収を減らすことが可能な「省力化肥料」、海外拠点を足掛かりとした「海外展開」で起死回生を狙っている。

 

(関連記事)
肥料の共同購入 前年比1万3000t予約増-JA全農(18.12.27)
肥料農薬・安く良質な資材を調達・供給【引屋敷 透・JA全農肥料農薬部長】(18.06.26)
化成肥料550銘柄を25銘柄に集約-JA全農(18.05.31)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ