左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

肥料の共同購入 前年比1万3000t予約増-JA全農2018年12月27日

一覧へ

 JA全農は12月26日、31年春用肥料(30肥料年度春肥)の共同購入の結果を発表した。30年を1万3000t上回る8万3000tの予約を積み上げ、入札で1割から3割の価格引下げを実現した。

 JA全農は化成肥料の「銘柄集約による新たな共同購入」による価格引下げの実現に取り組んでいる。
 31年春用肥料では、秋用肥料に引き続き▽高度化成一般、▽NK化成一般、▽普通化成一般、▽苦土入り高度化成の4品目で全国約550銘柄を25銘柄に集約した。
 予約数量は昨年春用肥料の約7万tを上回る約8万3000tを積み上げた。予約数量をもとにブロックごとに入札をおこなった結果、基準価格にくらべておおむね1割~3割の価格引下げとなった。原料市況、為替などの要因で対秋用肥料入札価格では若干の値上げとなったが、多くの銘柄で基準価格の値上がり幅に比べ圧縮する結果となった。入札によってメーカー数は全国16社35工場から8社15工場に集約した。
 30肥料年度全体では新たな共同購入は合計で11万tを超える予約積み上げの成果をあげた。
 JA全農は、今後さらに農家予約と連動した事前予約積み上げを拡大するため、銘柄集約と共同購入運動の周知徹底、担い手生産者への個別推進に取り組む方針。有機化成肥料では主成分8-8-8、有機含有20%程度を基準にブロックごとに結集銘柄を開発しており、31年春肥から取扱いを開始する。

 

(関連記事)
肥料共同購入で1~3割引き下げ実現-JA全農(18.09.04)
肥料農薬・安く良質な資材を調達・供給【引屋敷 透・JA全農肥料農薬部長】(18.06.26)
【肥料】銘柄を集約し交渉力 JA全農肥料農薬部部長・天野 徹夫氏(17.04.13)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る